<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 梅雨にそなえて。 | main | 遠藤家 表札 >>
めっけもん。

最近、あるお仕事で

真鍮の加工をしてくださる業者さんを探していたのですが、

そんな相談も兼ねて、金属を扱う友人の

工場を訪ねたところ、こんなものを発見!




真鍮の塊に細い切り込みが入っています。

「一個くらい、やるよ」と友人。

帰って、さっそくポストカードを挟んでみました。

なかなか良いでしょ?


右のシンプルなものは加工前(もしくはゴミ?)

左のやや複雑な形のものは、友人の工場で

加工済みの製品らしいです。

工場内には、この他にも素敵な金属片がゴロゴロ。

アイデア次第で何か商品を作れそうな気がしてきました。


ちなみに、右のポストカードは、

リチャード・アヴェドンが撮ったマリリン・モンロー。

私の一番のお気に入りです。

どーも、***くん。
かなり久しぶりにコメントが入って嬉しいです(笑)

真鍮は、カッコイイけど重いねー。
加工してくれるところもあまり無くて苦戦しています。

アヴェドン、あれはブームだったのかな。
顔がビヨ〜ンと伸びた写真のTシャツがあったのを覚えてます。
あ〜、そんな懐かしい時代のレアなTシャツが欲しくなってきたよ。
この夏は作っちゃおうかな!
sekikawa | 2011/06/07 19:35
真鍮を使うお仕事、どんな物か楽しみにしてますよ。
と言うのも、真鍮が大好きです僕。
愛知県にZERO ENGINEERINGと言うハーレーのカスタムショップがあるんですが、そのカスタムショップの作るハーレーは要所要所で真鍮が使われていて、その使い方がとても素敵です。
良いなぁ、真鍮。
そのポストカード立て?も良いなぁ。
アヴェドンのシンプルな方(ゴミ?(笑))を雑に磨いてちょっとキレイにしたい。
ちなみにアヴェドンは俺らがハタチ位の時にブームがあったよね?
アヴェドンブーム。
俺もアヴェドンTシャツとか着てたよ!

長々とごめんなさい。
ちょっと真鍮&アヴェドンだったもので食い付きが半端無かったです。
*** | 2011/06/05 00:42
COMMENT









Trackback URL
http://k-art.jugem.jp/trackback/87
TRACKBACK